するめごはんのIT日記

主にITネタを書いていくのさ

技術書典5の本を入稿した話

ごきげんよう

タイトルの通り、技術書典5のVUI合同誌である
スマートスピーカーを遊びたおす本
を、先ほど日光企画さんに入稿しました!!

f:id:surumegohan:20180916155230p:plain

で、これ重要なんですが、
上記の表紙に記載の【あの人】の絵のポストカードが会場限定先着250名にプレゼント予定です。

入稿とは

技術書典5のため同人誌のデータを印刷所さんに渡すこと(だと思ってます)

今回は日光企画さんにお願いしました。

www.nikko-pc.com

入稿前に少しでも割引く技

どうも原稿の入稿に関してはいろいろと割引があるようでして、可能な限り活用しました。
しかし、ここで記載しているのは、あくまで2018年10月8日技術書典5に対する日光企画さんの場合です。

■早めに入稿する

当たり前なのかもしれませんが、イベントに対して同人誌を入稿する場合、早いほど割引きが適用されるようです。

今回は以下の感じでした。

日光企画さんは技術書典5のための専用スケジュールページを設けられております。
早いほど割引かれます。

・日光企画さんの技術書典5のスケジュールページ
技術書典しめきり&新刊応援企画

Pixivプレミアム会員になる

日光企画さんのページを見ると、Pixivさんと提携していて、Pixivプレミアム会員になっていれば5%オフでした。

・日光企画さんとPixivさんの提携ページ
Pixiv×日光企画提携サービス

Pixivプレミアムはおととい入会しましたが、入会から30日間(場合により29日とか31日とかになるかも)が月額利用料金になります。

が、月額540円(税込)です。

割引き条件が、技術書典5本番までプレミアム会員でいることっぽく、10月8日を過ぎてしまったらサクッと解約してもOKにみえます。

つまり、540円支払うと、ものすごい額がバックされてきます
実際かなりの恩恵を得たわけですが、良い意味で意味わかんないです
KPIのプレミアム会員の優先度が高いんですかね。

■店頭で現金支払いをする

御茶ノ水駅近くの日光企画さんの店頭に出向いて、支払いを現金にすると5%引きになります

ちゃんと明細書と領収証をくれます。

■今回の全部の割引をあわせると・・・

Echo Spot何台分割引かれたんだよ
ってレベルでした。

店頭に行ける人は行った方がいい

おっしゃ原稿できたぜ!とPCごと持っていきました。

本来、日曜日は休業日なのですが、どうも明日女性向けの大型のイベントがあるようで、
店内はそのための?同人グッズを店内で作れるので、女性のお客さんがたくさんいました。
缶バッチとかその場で作れるっぽいです。
その対応のために今日は日曜日だけど特別に開店しているとのこと。

けど火曜日のお休みは別の日の振り替えだったようで、いろいろ大変そうです。

ちなみに店内の見本誌やグッズがほぼ全部女性向けに見えました。
店員さんもあくまで今日は女性ばかりでした。
日光企画さんは女性向けイベントに強みがあるのでしょうかね。わかんないですけども。

で、店員さんにUSBメモリでデータを渡すと・・・
シュパパパパ!!
と、わけわかんない速度で作業してくれます。

「はじまりのページは【1】からですかー?」
とかから入ります。その時点で意味不明でした。

なんだ?さては自然数は0から派だなオメー
とか勝手に思ったんですけど、どうも結構重要な要素らしくて表紙とかと絡んでくるみたいです。

そしてミリ単位なのかピクセル単位なのか、僕にはわかんないんですけど
「あーこれ攻めてますねー。これだと印刷時にここまでが切れちゃうかもです。修正しますか?」
と、その場で相談してくれます。
印刷範囲に合わせて持ち込んだつもりでしたが、攻めてたらしいです。

修正する意思を伝えると、他の箇所ももっと細かくみてくれます。
「攻めてますねー。ここも攻めてますねー。」
と攻めてるアピールをされます。

「あーこの色もちょっと・・・」
と色まで教えてくれます。

(たぶん)全ページをみてくれて、
「ここは空白ページで良いですか?表紙のこれはこういう意図ですか?」
とかまで確認してくれます。
つよい。

さらに
「フォントも埋め込まれてますねー 文章はOKにみえます」 とまで確認してくれます。
つよすぎる。

というわけで、攻めを受けている場合ではない(もうよくわからない)ので、
入稿待ちの人が他にいなかったこともあって、その場で我らの編集長が微修正しました。
文字の位置とか、色とか。

あと、どの紙で印刷するかを実物サンプルをさわらせてもらいながら相談できます。
ぶっちゃけ触ってみないとわかんないんで、その場で確認できるのは大変良いです。

僕が人生初同人誌作成なのもあって、用語が意味不明だったんですけど、丁寧に教えてくれます。
僕の中で「PP」っていうとスカッとするゴルフゲームの通貨なんですけども、そんなことはありませんでした。

とか、至れり尽くせりした上で、その場で現金で支払うと5%引きされます。

意味わかんないですね。
むしろ逆に修正確認料5%求めても良いのでは?
と思いました。

というわけで、無事に入稿いたしました。
手違いとかなければVUI合同誌スマートスピーカーを遊びたおす本」
2018年10月8日の技術書典5 う28 にて頒布予定です。

先着250名に表紙に記載の【あの人】の絵のポストカードが会場限定でプレゼント予定です。

入稿したんでできることはやったんですけども、何があるかわからないので「予定」です。

ちなみに

「頒布」って「はんぷ」って読むらしいですね。
領布」の「りょうふ」は誤字らしいです。

誤字等の館:領布